PC・モバイル機器・普段の生活の自分のメモです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 一人暮らしの部屋に、ポッと簡単に置ける様な家庭用のホームサーバには

①低消費電力
②静音性
③整備の簡単さ

の3点が重要視されると思う。①家庭用で一般的なハコモノのデスクトップPCをつけっぱなしにしておくことは、テレビを常時つけっぱなしにしておくことと同じで、とても電気と金が食う。ノートPCはバッテリーが無停電装置としても役割を果たしてくれて優秀である。②常時なり続ける空冷の為のファンノイズはかなり耳触りになる。③ソフトウェアにおいてもハードウェアにおいても整備の簡単さは簡単にやりたいホームサーバでは重要である。この3つが揃った安定性のあるサーバーを建てたいと常々思っているのだが…。

その点でMac G4 Cube を使ってみることにした。①一般のデスクトップPCよりも低消費電力であること。CPUであるPowerPC G4 450MHz(MPC7400)のTDPは平均消費電力が5.0/最大消費でん六が11.5Wちなっており値自体はノートPCのCPUのようである。②上記のTDPと重なって、Power Mac G4 Cubeはキューブ型の直方体に電源以外のすべてを収めつつファンレスで作られている。とても静かである。③Cubeを一度開いたことのある人はわかると思うが背面についた取っ手を押し込み抜き出すだけで、PCが分解できるのは本当に利便性が良い。加えてソフトウェアはHamachiやVLC Severなどを使うことによって、手間のかかるVPNの設定を省略している。

参考
Power Mac G4 Cube - Wikipedia
G4 Cubeを強化する - PowerLogix PowerForce 1.2GHzをファンレスで - マイコミジャーナル


さて今回Cubeのサーバーに付加している機能はホームネットワークのPCの起動である。単純な機能のサーバーである。もう少しサーバーの機能は拡張できるかもしれないな。検討中である。
スポンサーサイト

【2010/08/01 19:31】 | PC環境
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。