PC・モバイル機器・普段の生活の自分のメモです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新品中古ジャンク問わずPCのメモリーは相性を選ぶんですよね。

メモリーはCPUやマザーボードにハード的に直結してます。
確かに昨今昔のPentium3世代の頃よりもどのハードも安いはポン付けおkやテキトウなセッティングで動くや規格が統一されすぎて買い間違えもあり得ないわ、で何でもこいのようですけど。

メモリーだけは今でも相性を考えさせられる。

もしメモリーが端子の接点でトラブって少しでも読み込めなかったら、そこでOSは止まるか、ソフトが落ちる。
他にも始めからメモリーで使えない部位があったなら、それでPCは使えなくなる。

とりまFedoraのインストールCDはメモリーチェックのソフトがついてるんだけど、PCのメモリを増設した際には必ずメモリーチェックを忘れずにね!



実家から送られてきたPC(不良)は1chの256MBが死んでました。0chと2chのは生きてたんだけどね。
とりまそれ以外のハードは立派に生きてるから、お金に変えるか、家に戻すか考え中。Radeon200mをうまく使いたいところ。
スポンサーサイト

【2010/11/24 01:00】 | つぶやき(メール投稿)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。